医療事務の試験について2014

医療事務の試験とは?

医療事務の試験は、医師や薬剤師、看護師の試験のように国家資格ではありません。
たくさんの医療事務の資格試験が存在しているので、○○の試験の資格、▲▲試験の資格というようにたくさんあるんです。
資格といっても、知識を問う試験という方が分かりやすいかもしれません。

 

例えば、医療事務の通信講座というのがいくつかありますが、その通信講座を修了した人が受験資格のある資格試験というようなものも多いです。
医療事務の試験内容も難しいものではありませんし、資格の有効期限のようなものもありませんので、一度資格を取ればずっと使うことができます。
ですから、一度職場を離れても他の病院へ就職したり、パートで数年後働くという方法も取れるのが、この資格のよいところと言えるでしょう。

医療事務の通信講座
■ユーキャン
■ニチイ
■日本医療事務協会
■ソラスト教育サービス(旧ニック教育講座)
■ヒューマンアカデミー
などなど、その他にもたくさんあります。上記の通信講座が人気の講座で、多くの医療事務の通信教育講座の受講者はこの中のどれかを受講している場合が多いようです。

 

その通信教育で行っている医療事務資格試験もあれば、法人が行っている資格試験もあります。
きちんと勉強をしていれば、合格できるような試験であり、そこまで難易度が高い試験ではありません。
取ってて損はしない資格であることはいえますので、興味のある方にはお勧めします!